ゆのっち完成

前回のエントリ以降、まぁ3突なんかUPとかしてる暇もなく
大風邪ひいてぶっ倒れたりなんだりバタバタしてまんた(;´д`)

そんな中WF新作のテストショットも来ましたので
なんとか畳込んでみましたよぅ。


RIMG0805_convert_20130125213933.jpg
WF2013冬新作「ゆのっち×ハニカム」

…タイトルは、だんごの時に「ゆの」って
付けちゃっててもう同一商品名では申請
出来ないのでノリでついw;
いや、あまり安易に「~ver.」とかは
使いたく無いんですよね。。。

ポーズはさんざ悩んだ挙げ句、ハニカムの
ファンディスクジャケ絵アレンジて感じで。
今回のゆのっちはカラーレジンキットでは
ありませんが、塗装の負担を軽減出来る様、
極力ハードなマスキングポイントは無い様な
パーツ構成にしてあります。

スケールは1/7、いつもよりちょっぴり
大きめスケールです。でもゆのっちは
設定身長ちんまいので結果あんまいつもと
全高変わらず。大体20cmくらい。

RIMG0802_convert_20130125213853.jpg
顔の感じは出来るだけ原作寄りにしてみたかった…
…けど、自分には此処迄が精一杯でした_(:3 」∠)_


RIMG0811_convert_20130126043652.jpg
恒例の版権元様提出用も並行で。。。
以前より提出数半減して楽になった
とはいえまだt…エフンオフン


ともあれ最終書類も届いていよいよ直前って感じですな。
どの口が言うって感じですが、風邪などひかないよう
気を付けつつ当日迄完走したいですね〜(ヽ´ω`)ノシ
 

カバさんチーム仕様III号突撃砲F型製作

年末にどどっと発売されたガルパンモデルのキット。
無事手に出来た方はどれだけいるのでしょうか。
自分も危うく難民になりかけましたよ?

そんなこんな紆余曲折しつつ無事手に出来た中で
今回は、早速カバさんチームの3号突撃砲F型を
年末年始の余力で組んでみようかと。

キットは純然たるF型を再現する為の構成ですが
他チーム車輛同様カバさんチームも少々通常と
仕様が違います。
てことで自分が組んだ際のそこら辺の覚書を。
同キット製作の際の参考になれば幸いです。


まずは特徴的な機関室点検ハッチ周りから。
RIMG0699_convert_20130107022250.jpg
キットはF型なので点検ハッチが前後観音開きタイプで再現されてます。

RIMG0740_convert_20130107022659.jpg
カバさんチーム仕様は此処がF/8型以降の一枚開きタイプなので
前方のヒンジ以外のモールドを削り落し、真ん中のラインを埋めます。
パネル後部に1mmプラ棒をスライスしたものを貼っておくとなお良しです。
取付け位置も変わるので説明書記載の通気口パーツ(E4)接続用の
取付け穴は開口しません。

RIMG0741_convert_20130107022805.jpg
取り付けダボを飛ばした通気口パーツ(E4)を縦置き配置して終了。
カバさんチーム仕様の判り易い特徴ですし大した作業ではないので
余裕が在ったら此処らだけでも弄っておくと良いと思いますよ。


後通常のF型との判り易い差異としては、

1.フェンダー後端配置の予備転輪ラック(E2,E3,B18,B30)が未装備
 なのでフェンダーの該当部取付け穴を開口しない。

2.右フェンダー前部配置のハンマー(E6)が未装備
 なので該当部取付け穴を埋める。

3.クリーニングロッドが何故か長砲身用ではない。
 (ロッドが二本しか確認出来ない)
 簡単な方法としてはパッケサイドの見本の様に
 キット指定の(E19,E20)を使わず、短砲身用の
 (A23)を前後逆にして(ブラシ部分を前方にして)
 同位置に配置するのが楽な再現方法だと思います。
 設定みると下部ブラシ側ロッドがオフセットされて
 いるので(E19)の下側ロッドを削りつつ、ラックの
 高さを詰めて使用するとさらにそれっぽくなる
 かもしれないです。
 因に自分は(A23)のロッドの上下間を詰めたもの
 で行ってみました。
 
4.戦闘室側面前方の吊上フック(B22)が無い。
 此処らは作画上の省略か悩む所ですが。
 地味に存在感のあるパーツなので気になる方は是非。
 自分は今回試しに付けずに行ってみましたよ。

…と、
他にもちまちまありますが(誘導輪が実際には無いごっついの
履いてるとかw)、お手軽且つ効果高いのはここら辺かと。



後、プラッツから発売された3種中、このキットだけぶっちぎりで
金型設計時期が古いです。お陰で設計の甘さやヒケやメクレも多く、
きっちり処理しつつ進めていかないと泣き見ます(;´д`)
後この時代のドラゴン製キットは全体的に湯口がゴツくて、且つ
ランナーと密接してたりするので切り離しには注意が必要です。

と、その辺り絡みで砲架周りも大分豪快な設計になってまして
流石に気になったので、パッと見だけでもマシになるように
ノリで弄ってみてたり。
…ノリ過ぎて寸法とか覚えてない参考のならなさ加減。え?

RIMG0727_convert_20130107022326.jpg
防盾を接続する為に必要最低限の、悲しい位
華奢な砲架と戦闘室開口部。
追加する駐退復座機カバーを納められる様に
上部を広げようとしてます。


RIMG0730_convert_20130107022449.jpg
本来の防盾接続部が上方部側だけでも
入る様に両サイドも広げていってます。

RIMG0731_convert_20130107022528.jpg
防盾側も。
男らしい程に何もない防盾裏側なので砲架取付部の上部に、
5mmプラ棒を並べて間を埋めた物を駐退復座機カバーって
事にして接着。正確にやり出したらキリが無いしあくまで
パッと見た目なんとなくそれっぽくするだけなのでこの程度。
両サイドの砲架接続ステーも同じく本来の形状とは大分
違いますが雰囲気です雰囲気。完成後に見えそうな角度で
それっぽくみえればいいじゃまいか


RIMG0733_convert_20130107022624.jpg
組付けるとこんな感じ。
あんな程度でも何となくそれっぽく見えなくないかい?

因に余談ですが。
画像で砲身スレイブ部にマスキング巻いてますが、先端部
形状が実車と大分違う形状だったので切り飛ばしてタミヤ
の同先端部とコンバートしようとしていた名残です。
切り飛ばす直前に設定CG再確認したら、ガルパン仕様は
こっちの形状で正解(CG制作時このキットを参考にした
のかも?)なのが判って「おおふ(;´д`)」って
なったりしたところですw;




とまぁこのキット、設計古い上にC/D型との結構強引なコンパチキットな
こともあって他にもフェンダー切り貼りしたり、余計な作業があるのも
少々難儀しますね。スマートキット化されたらここら辺の作業からも
開放されるのでドラゴンさんには早期発売を切に望みますわー(;´д`)
この間出たのがF/8型じゃなくてF型だったら良かったんですけどねぇw



次回は完成した状態をUP出来るといいなぁと。
年末組んだ八九式に続きプラウダ戦時で組んでます。
冬期塗装でヴィンターケッテですよ?作らない理由が無いよっ!w

謹賀新年

明けましておめでとう御座います。
昨年は平八座禅を御贔屓頂きありがとうございました。


去年は大分悶々としたり迷走したりとへっぽこ全開でしたが
今年こそはズバーっと、ビシィーっと攻めていきたいものです。(曖昧

後、年末辺りに折角スイッチも入ったことですし
隙見て少しは模型も作って行きたいしょぞーん。

…それよりまぁひとまずは一ヶ月後に迫ったWFに向けて
ガツーンと頑張ってまいりましょうねっ(; ゚∀゚)



てなかんじで。
本年も平八座禅を宜しくお願いいたします〜。m(_ _)m
プロフィール

ほんだへいはち

Author:ほんだへいはち
平八座禅なへっぽこものつくり。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
twitter
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード